交通事故 示談 を 弁護士 に依頼するメリット

● 交通事故 示談 を 弁護士 に依頼するメリット

弁護士は、あなたに代わり保険会社との交渉を行います。弁護士が窓口となるので、わずらわしい手続きは全てする必要がなくなります。治療や仕事にも専念できるようになります。

また、保険会社は過小評価をして提示額をいかに下げるかを考えてきます。

実際、弁護士は、過去の裁判に基づく基準で交渉をしますが、保険会社は、自賠責基準や任意保険基準といった低額の提示しかしません。
後遺障害の等級も認定されなかったり、仮に認定されても本来より低く認定されてしまうこともあります。

そこで、弁護士が被害にあった提示額を求めて交渉いたします。
後遺障害の等級認定の異議の申し立てを行うこともできます。

現在では、弁護士特約という保険会社のサービスも充実しております。弁護士費用が保険により賄われる場合もございます。

また、当事務所は弁護士特約が付帯してなくとも、交通事故の示談交渉については、成功報酬制で行っておりますので、万が一示談交渉で増額が見込めなくともお客様に損失が発生しないようにしております。

 

安易に示談にのってはいけません!まずは、専門家に相談することが先決です。

まずは無料相談予約 : 03-6265-1870